預貯金の解約・名義変更

概要

相続が発生すると、被相続人の有していた金融機関の口座は凍結され、窓口でもキャッシュカードを使用しても引出ができなくなります。

一部の相続人が勝手に引き出して、後でトラブルにならないようにするためです。

準備

預貯金の解約・名義変更については、各金融機関に相続専用の届出書がございますので、まずそれを取得する必要があります。

手続きの流れ

1.金融機関で相続関係の書類一式を取得

2.戸籍等の必要書類の収集

3.預貯金の帰属についての遺産分割協議

4.金融機関へ書類の提出

5.相続人代表又は各相続人の口座に入金

必要書類

預貯金の解約・名義変更に必要な書類は、各金融機関で微妙に取扱いが異なりますが、基本的には次の通りです。

  1. 預貯金の払戻請求書
  2. 被相続人の戸籍謄本・除籍謄本(出生に遡るまでのすべて)
  3. 被相続人の除住民票(本籍・続柄のあるもの)
  4. 相続人の戸籍謄本
  5. 相続人の印鑑証明書
  6. 遺産分割協議書(実印を押印)
  7. 通帳・キャッシュカード・届出印
  8. 貸金庫の鍵(貸金庫がある場合)
  9. 運転免許証等の身分証明書

費用・報酬の一覧はこちら

相続登記と一括のパックプランがお得です
料金明瞭 相続登記サービス

ご依頼・ご相談はこちら

無料相談のお問い合わせ:フリーダイヤル0120-635-444(平日9時から18時)。土日夜間も相談可能(事前予約制)。