生前贈与・贈与税・相続時精算課税

贈与税とは

贈与税とは、個人からの贈与によって財産を取得した者に対して課される税金です。

贈与税の課税制度には「暦年課税」と「相続時精算課税」の2つがあります。

暦年課税

暦年課税は、その年中に贈与を受けた財産の価額から基礎控除額(110万円)を控除して贈与税を計算する制度です。したがいまして、毎年110万円までは課税されることなく財産の移転をすることができます。

相続時精算課税

相続時精算課税は、一定の要件を満たした特定贈与者からの贈与である場合、その贈与財産の価額から特別控除額2500万円を控除できる制度です。2500万円の特別控除額は一度に使い切る必要はなく、その残額は翌年以降に繰り越され、2500万円に達するまでは課税されません。そして、2500万円の特別控除の枠を使い切ると、その特定贈与者からの贈与については一律20%の税金が課税されます。

なお、相続時精算課税を選択すると暦年課税に戻ることはできないので注意を要します。

一定の要件を満たす贈与

  1. 贈与者が、贈与をした年の1月1日において、65歳以上の親であること
  2. 受贈者が、贈与を受けた年の1月1日において、20歳以上の子である推定相続人であること

贈与税の配偶者控除

贈与税の配偶者控除とは、婚姻期間が20年以上の夫婦の間において、居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金額の贈与が行われた場合、基礎控除額110万円の ほか最高2000万円までの控除をすることがてきる制度です。

費用・報酬の一覧はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

無料相談のお問い合わせ:フリーダイヤル0120-635-444(平日9時から18時)。土日夜間も相談可能(事前予約制)。